カウンセリングルーム選びは慎重に…。『どこでも同じ』というわけではありません!

カウンセリングを受けようと思って、ネットで近隣のカウンセリングルームを検索してもたくさんの数・種類があって、「どこのカウンセリングルームに行けばよいのかしら?」「家に一番近いカウンセリングルームを選べばいいのでしょ?」という声をよく聞きます。

カウンセリングルームといっても、実態は、占いをやっていたり、水晶・パワーストーンなどを売っていたり、マッサージが主目的であったり、怪しい自己啓発などをやっているところもあります。

ご自分の目的にあったところをしっかり見極めることが重要です。

カウンセラーは皆、しっかりとしたトレーニングを積んでいるの?

『カウンセラー』と名乗っている人たちの中には、心理学の本を数冊読んだだけ、あるいは、お金さえ払えば簡単に資格を与えてくれる団体のDVDを観ただけで、「○○カウンセラー」「○○療法士」などと称して活動している方もおられます。

そのような(実力不足?な)カウンセラーに相談した結果、夫婦関係を壊され、親子関係を狂わされ、人生を翻弄されてしまったケースも実際に知っております。どうかご注意ください。eyecatch00002

 

そこで今回は、カウンセラーを選ぶ際の最低限チェックしておきたい項目4つあげてみました。どうぞ参考にしてみてください。

ウンセラーを探すとき、この点に注意してみてみよう!

①お話をじっくり聴いてくれる?

カウンセラーが自分の知識をひけらかしたり、個人的な価値観を押しつけたりして、クライアントの語りにじっくりと耳を傾けないようでは、クライアントは安心して感情の交流を行うことが出来ません。

②お話を聴く以外に、何かしてくれる?

「聴く」ということはカウンセラーとして基本中の基本ですが、「問いかける」そして「語りかける」ことによって、クライアントは、直面している問題について、新たな視点で考えることが出来たり、深く理解することが出来たりします。

カウンセラーは、「聴く」プロ、「問いかける」プロ、「語りかける」プロです。

③保有資格に守秘義務を伴っているものはある?

カウンセラーの資格は、様々な機関が、独自の審査で付与している状態です。

そのカウンセラーが保有している資格の中で、守秘義務を伴うものがあるのかを確認しておくことはとても大事でしょう。

④スキルアップに努めている?

カウンセラーの資格を取得する為の勉強をしたというだけでは、カウンセリングの能力を評価することは出来ません。

資格取得後も積極的に研修や講習に参加して、新しい知識を取り入れ、スキルアップに努めているのかが重要です。

カウンセラーの能力を知る一つの手段として、ホームページに掲載されているプロフィールをしっかり見ることをお勧めいたします。

【個人カウンセリング】

 → 詳細はこちら

 → お申込みはこちら

【夫婦(カップル)カウンセリング】

 → 詳細はこちら

 → お申込みはこちら

【予約状況】

 → こちらで確認

▼ それぞれポチッと応援クリックいただけると大変に嬉しいです♪
     にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ